湿地の重要性と役割

コタキナバルウェットランドはマングローブの森林で、いくつか種類のある湿地の中のひとつです。ここは湿地として私たちの都市にとって大きな役割を果たしています。豪雨の際の水の氾濫を抑え、下流に洪水が発生する可能性を防ぐための洪水抑止として機能します。洪水コントロールのほかに、栄養素をリサイクルし、有毒物質や堆積物を取り除くのにも役立ちます。またこのマングローブの森林は、多くの海洋魚の稚魚、貝殻、エビ、カニの幼生のための繁殖の場を提供しています。渡り鳥やここに棲む野鳥にとっても繁殖の場として重要です。

野鳥やその他の生き物にとってのこの聖域は、緑あふれる癒しの自然を私たちに与えてくれるだけでなく、環境教育センター、エコツーリズムアトラクション、都市のレクリエーションとして、あらゆる年齢層に自然観察のための場所を提供しています。

マングローブは河口付近の泥と汽水域で育ちます。そこには海の塩水が1日に2回入る潮間帯があります。マングローブ植物はこのような環境で生き残るためにいくつかの課題に直面しています。柔らかい泥、酸素のない湿った土壌、過剰な塩、潮汐や水の流れなどです。これらの植物はこの過酷な環境で生き残るために適応が必要です。そのため彼らは非常に奇妙な根と種子を持っています。マングローブの種類の違いによってそれぞれ異なる種類の根を持っています。タコ足のような根、膝のような根、針状の根などがあります。コタキナバルウェットランドには9種のマングローブ植物があります。マングローブ植物の他にはシダ、シラブなどの植物があります。

都市にあるラムサール登録湿地

Ramsar Site No. 2290

« 2 24 »