コタキナバルウェットランドの歴史

重要史年表

Discovery

In the 1980s, A group of …

Read more

Birds Sanctuary

In 1996, the environmetal…

Read more

Kota Kinabalu Wetland

The Management Committee …

Read more

歴史概略

90年代半ばに、コタキナバルの熱心な環境保護家や野鳥愛好家の団体がコタキナバルの沿岸沿いに残された最後のマングローブ林を保存するために、リカス湿地保護区管理委員会(LWSMC)を設立しました。ここで当時問題となっていたのは主にマングローブ林に住居を建て始めていた不法移民による土地の不法占拠でした。 環境保護団体と鳥獣保護団体はサバ州政府(当時のサバ州首相はヨン・テック・リー氏)にその懸念を表明し、マングローブ生態系の保全と復旧を陳情しました。 その後、この土地は鳥類保護区としての土地令第28条(第68号)の下、1996年に国務院によって保護区として宣言されました。

さらに1999年には、1997年に制定された国家文化遺産(保全)制定法の下で文化遺産に指定され、最終的には2000年12月に土地令第28条(第68号)の下でコタキナバル・シティ・バード・サンクチュアリー(KKCBS)として官報掲載されました。

リカス湿地保護区管理委員会(LWSMC)はリカス・スワンプ / バード・サンクチュアリを管理し、その後の2005年8月22日にサバ湿地保全協会(SWCS)としてRegistrar of Societies(ROC)に登録しました。サバ湿地保全協会(SWCS)は湿地保全活動を国際的に支援すると共に、サバ州の湿地生態系や間接的にマレーシアの他の地域でも環境保全とその重要性をとなえる市民社会団体 (CSO)です。
2006年の世界湿地デーには、コタキナバル・シティ・バード・サンクチュアリは公式にコタキナバルウェットランドセンターと改称され、野鳥にのみ焦点を当てるのではなく、もっと広範な意味での湿地生態系の保全に重点を置いています。

今日、サバ湿地保全協会(SWCS)によって管理されているコタキナバルウェットランドは、鬱蒼と茂るマングローブの生態系だけでなく、都市のレクリエーションサイト、エコツーリズムアトラクション、環境教育センターとしても機能しています。観光客から地元住民まで、あらゆる年代の人々がこの湿地を訪れ、市街地にあるこのオアシスの自然に感銘を受けています。

都市にあるラムサール登録湿地

Ramsar Site No. 2290

« 1 24 »