運営団体(SWCS)について

この地への1996年の最初の訪問ではマングローブが衝撃的な光景だった、という初期のWWFスタッフの話を私は思い出します。ここでは当時マングローブはほとんど廃れた状態でした。前居住者と赤い塗料で書き散らされた「所有者」の名前が書かれた立看板との間には、不法占拠者の家々の残骸が証拠として残されています。
サバ州野生生物保護局、WWFマレーシア、リカス湿地保護区管理委員会および後にサバ州湿地保全協会の初期スタッフたちは、あらゆる世代のボランティアと協力して、継続的で大規模なリハビリ活動を行いました。現在、コタキナバルウェットランドは様々な種のマングローブ植物で覆われており、これは長年にわたる保護活動が成功した証です。
何年も前にコタキナバルウェットランドに献身して以来、私の中で最も記憶に残っている経験は、この地が当初のあまり知られていない状況から自然愛好家によく知られる人気のある場所に変わったことでした。特に、国境を越えて広がっている開発の脅威からこの地を保護する上では多くの困難があったにも関わらずです。コタキナバルウェットランドは、サバ州で2番目、マレーシアで7番目のラムサール・サイトとしてついに登録されました。ラムサール条約登録湿地として、私たちはこの湿地が将来の世代のために持続できることを願っています。

貴重な時間を使いコタキナバルウェットランドの開発と管理に貢献してくれた皆様にこの場を借りて感謝したいと思います。あなたの純粋なサポートに感謝いたします。

アブドゥル・アウカサ・ザイニー
サバ州湿地保全協会会長


サバ州湿地保全協会(SWCS)の歴史
運営理念、使命、目的
サバ州湿地保全協会(SWCS)の組織図

都市にあるラムサール登録湿地

Ramsar Site No. 2290

« 1 24 »