KKWについて

コタキナバルウェットランド(KKW)は24ヘクタールのマングローブ湿地で、1996年9月にサバ州政府によって湿地の重要性の理解を促進することと啓蒙を目的として野鳥保護区に指定されました。1998年に国家文化遺産に指定されており、2016年12月にはラムサール条約の登録湿地に認定されています。

コタキナバルウェットランド(KKW)は、サバ州湿地保全協会によって管理されています。ここでは目標に基づき、マングローブ(および他の湿地生態系)の重要性、環境保全、環境教育、レクリエーション、観光誘致および研究活動を通じて、訪問者やその他の人々への環境保全の意識向上と支援を得ることに焦点を当てています。

> コタキナバルウェットランドの歴史

> 交通アクセス

> 施設のご案内

> 湿地の重要性と役割

> 運営団体(SWCS)について

都市にあるラムサール登録湿地

Ramsar Site No. 2290

« 2 24 »