環境教育プログラム

コタキナバルウェットランドは湿地保全の重要性や炭の生産、食糧、染料、医薬品、木材などのマングローブの伝統的で賢明な使用方法について地元の人々に継続的に教育していくことで、環境への意識を広げています。 コタキナバルウェットランドはこのような情報、知識、スキル、経験を地元の人々に広めるための中心的な場所として機能しており、高い教育レベルの研究と調査の機会を提供しています。

【環境教育プログラム一覧】

1. KKW マングローブ体験プログラム(解説付きマングローブ内散策)(英文/PDF)
2. KKW マングローブ保全体験プログラム (マングローブ植林他)(英文/PDF)
3. ペーパーメイキング活動 (英文/PDF)

【環境教育プログラムについて】

– コタキナバルウェットランド(KKW)は幼稚園から小中学校生、高校生、大学生、大人まで、あらゆる年齢層の人々にさまざまな環境教育プログラムを提供しています。

– 環境教育プログラムにはマングローブ体験プログラム、マングローブ保全体験プログラム、ペーパーメイキング活動などが含まれます。

– このプログラムは湿地保全の重要性について多くの人に知ってもらい、体験して、その意識を高めてもらうことを目的としています。

– 参加者は湿地について学び、貴重な生きた体験をすることができます。

– 展示ホールには、展示エリアと子供のための実験室があります。

– アウトドア教室(ロータリーネイチャーアクティビティセンター)は、自然のゲームやアクティビティのための屋外施設です。

都市にあるラムサール登録湿地

Ramsar Site No. 2290

« 1 24 »